青の花茶の成分と副作用(アレルギー)について

青の花茶の成分と副作用(アレルギー)について

 

青の花茶は深い湖のような
色が印象的な健康茶です。

 
バタフライピー、甜茶、
ラフマ、アマチャヅル、
メグスリノキなどが
バランスよく含まれ、
ダイエット中に飲むと
効果的です。

 

天然のお茶成分ですが、
副作用(アレルギー)を
気にされる方は先に
こちらをご覧くださいね

 
<青の花茶の成分を確認>

 

>>青の花茶の成分・詳細について

 
 
青の花茶は、入れ具合に
よって、青や紫など色が
変わる不思議な
ダイエットティーです。
 

ダイエット中、無性に
甘いものが食べたくなる
ことってあるんですよね。

 
多分、糖分を控えめに
しているから、足りなく
なってくるせいもあると
思います。

 

青の花茶はノンシュガー
なのに甘く、デザート
感覚で飲めるお茶なんです。

 

しかも、老廃物を出したり、
肌をきれいにしてくれる
成分がたっぷり含まれて
いるんですね。
 

また、砂糖を使用せず
甘いのは甜茶のため。
甜茶は、砂糖の75~100倍
もの甘みがあるとされて
いるお茶で、その甘みも
体内で蓄積されないので
減量のサポートに最適
なんです。

 
あと、甜茶に含まれる
成分で「ベタイン」が
あります。ベタインには
肝機能を向上させ、
コレステロール値を下げる
効果が期待できると
されています。

 

甜茶はもともとノンカロリー、
ノンカフェインなので
子供からお年寄りまで
どなたでも飲めるのも
メリットだと思います。
 

青の花茶は、甜茶や
他のお茶に含まれる
渋み成分、タンニンの
量を独自製法で少なく
しています。
 

このタンニンですが、
過剰摂取すると吐き気や
胃痛を引き起こす
可能性があります。
 

また貧血を促進させたり
することからあまり
喜べないのです。

 
それから、アマチャヅル茶
ですが、高麗人参と同じ
鎮静成分「サポニン」を
豊富に含んでいるストレス
緩和の健康茶として
有名ですね。
 

アマチャヅル茶は高麗人参
よりも多種類なサポニンを
含んでいます。
その数70種類以上。

 
そのため高い鎮静作用が
あるためストレス解消、
緩和に効果的とされて
います。

 
また肝機能を改善して
善玉コレステロールを増加し、
悪玉コレステロールを減らして
くれるといわれ、ダイエット
にも良いです。
 

他にも新陳代謝を活発にし、
細胞を若返らせ
アンチエイジングが期待
出来ます。
 

結果が出るダイエット
方法って人によって
千差万別ですよね。
 

巷にダイエットティーは
たくさん出ていますが、
いろいろなダイエットと
組み合わせやすく、無茶な
食べ方をしなければそれだけ
結果が出やすいからだと
思います。

 
その中でも、青の花茶は
見た目と味などの
リラックス&デトックス作用
などのバランスがとても
良いのではないでしょうか。

 

>>青の花茶の成分・詳細について

 
青の花茶