ホワイティシモ 日焼け止めの成分の安全性

ホワイティシモ 日焼け止めの成分の安全性

 

ポーラの日焼け止め、
ホワイティシモには陶器の
ようなきめ細かいお肌になる
ために、角質に働きかける
有効成分が配合されています。

 
一部の成分が苦手な人
(アレルギーのある人)は、
こちらから成分をチェック
してみてくださいね

 

<ホワイティシモ 日焼け止めの成分を確認>

 

>>ホワイティシモ 日焼け止めの成分・詳細について

 
 

ホワイティシモといえば、
やっぱり美白なので、その
効果を十分期待するなら
医薬部外品(薬用)の
UVブロック シールド
ホワイトではないでしょうか。

 

白い肌には憧れるけれど、
SPF50はちょっと苦手という
方には、よりやさしい成分の
作りになったホワイティシモ、
UVブロックミルキー
フィールドがあります。

 

どちらにも共通している
ことは、日焼け止め成分の
ほかに、角質に効果的に
アプローチし、クリアな美肌に
導いてくれるファンクションCと
呼ばれるビタミンC誘導体との
オリジナルブレンド成分を
配合していることです。

 

美白日焼け止めにも通常の
日焼け止めにも
「薬用(医薬部外品)」と
付いている商品があります。
 

薬用とは、薬ほどではない
にしても、薬に近い効能を
持つとされているもの。
 

安全性や日本の厳しい
規定の薬事法をクリアして
いることは信頼ができると
いうことになります。
 

なので、通常の日焼け止め
よりも薬用日焼け止めの
方が信用や効果が高いと
されているんですね。

 

ホワイティシモに限らない
ですが、医薬部外品唯一の
デメリットは価格でしょうか。
 

紫外線は太陽が出て
いなくても、秋や冬でも
降っています。つまり、
日焼け止めは一年中使わ
ないとダメなので、自分が
している方法として
値段が高めの
薬用美白日焼け止めと
値段が安い通常の
日焼け止めを併用する
ことをおすすめします。

 

一日中紫外線のキツい
外にいる場合は、
薬用美白日焼け止めを
利用して、室内に入る
予定がある場合は市販の
安価な日焼け止めを利用
するようにしています。

 

もちろん、毎日薬用の
美白日焼け止めを使う
ことが一番なんですが、
値段の気になる方は
参考にしてみてくだ
さいね。

 

>>ホワイティシモ 日焼け止めの成分・詳細について

 
ホワイティシモUV ブロック シールドホワイト