WEN(ウェン)クリームシャンプー・コンディショナーの成分と副作用(安全性)

WEN(ウェン)クリームシャンプー・コンディショナーの成分と副作用(安全性)

 

WEN(ウェン)からは、4つの
香りから選べるオールイン
ワンシャンプーと、洗い流さない
トリートメント
が販売
されています。

 

ハリウッドでヘアスタイ
リストをしていた20年以上の
経験から開発された、頭皮と
髪の関係に着目したシャンプー
・トリートメントです。

 

ダメージを受けた頭皮や
髪にやさしい成分が配合され
ていますが、個人的に
苦手な成分やアレルギー
(副作用)を心配されている
方は、購入前にこちらを
チェック
してみてください↓↓

 

<WEN(ウェン)の成分は、こちらからも確認できます>

 

>>WEN(ウェン)コンディショナー・シャンプーの成分と詳細

 
 

WEN(ウェン)のオールイン
ワンシャンプーは、先ほども
書いたように4つの種類があり
ますが、フレーバーによって
効果にも違いがあります。
 

頭皮が脂性(べたつきが気に
なる)という方は、キューカンバー
を使用すると、きゅうり、アロエ、
アーモンド、カモミールなどの
成分が毛穴の汚れをさっぱりと、
皮脂のバランスを整える
効果が期待できます。
 

キューカンバーは痒み防止
にも役立ちますし、(きゅうり
というと匂いが想像しづらい
ですが)爽やかさの中に
甘みのある、すっきりとした
香りです。
 

また、逆に髪や頭皮が乾燥
しやすく、潤いがほしいという
方はアーモンドがおすすめです。
 

アーモンドやプルヌスセロ
チナ、ローズマリーなどの
保湿成分が髪や頭皮の保水力
を高めてくれます。
 

また、アーモンドの甘い香り
も癒されますし、艶をプラス
したい人にも良いと思います。
 

他にも、WEN(ウェン)と
いえば、界面活性剤が使用
されていません。
 

市販のシャンプーでは、
成分表を見て、「ラウレス硫酸」
「ラウリル硫酸」というような
原材料の表示があれば、
それが石油系界面活性剤です。

 

価格が安いので使いやすい
ですが、長期間使用すること
を考えると、デメリットの方が
大きいでしょう。
 

WEN(ウェン)のシャンプーや
トリートメントでは、石油系
界面活性剤を使用せず、
植物性の成分で汚れを洗い
流せるようにされています。
 

植物性乳化剤を使用している
シャンプーは頭皮にとって
低刺激性なので、髪や地肌に
負担をかけず、髪の潤いを
残した洗い上りになります。
 

また、植物性のシャンプーの
中でも特に自然由来の成分に
こだわっているため、排水溝
から流れるシャンプー剤で
環境にも負担をかけません。
 

WEN(ウェン)のヘアケア
シリーズは、特にシャンプー
した後に髪の毛のパサつきが
気になったり、まとまり
にくくなって来たら、
シャンプーを見直してみる
べきかもしれませんね。
 

クリームシャンプー
(正しくはクレンジング
コンディショナー)と、
洗い流さないトリートメント
がセットでかなりお安く購入
できます。

 

>>WEN(ウェン)コンディショナー・シャンプーの成分と詳細

 



 

湯シャンプーのやり方、すっぴん地肌のクチコミと評判について

湯シャンプーのやり方、すっぴん地肌のクチコミと評判について

 

すっぴん地肌は、湯シャン前の
頭皮に使う専用のローション

(頭皮美容液)です。

 

汚れを落としやすくし、
適度な潤いと皮脂のバランスを
整えてくれる効果が期待できる
ので、湯シャンだけでは不安と
いう人におすすめです。

 

<すっぴん地肌の口コミ・評判>

 

>>湯シャンプーのやり方、すっぴん地肌のクチコミと詳細

 

わたしは生まれつき細くて
柔らかく、なおかつ量の多い
髪質です。洗ってすぐは
正直とても手触りが良く、
自分の髪を触るのが好きでした。

 
しかしその分乾燥しやすい
ため、1日も経たないうちに
すぐ頭皮から出た皮脂で
ベタついてしまい、しかも
1日以上経つとまるで油粘土の
ような臭いがしていました。
 
以前はとにかくその状態を
回避するためにひたすら洗い
まくっており、夏でも冬でも
1日のうち寝る前と朝学校に
行く前の計2回は必ず洗い、
またベタつかないように
リンスも付けていませんでした
(そもそもあの取りきれない
ヌルヌル感が嫌いだったので)。

 
ただそうすると髪が傷んで
逆にパサパサになるので、
たまに月1回あるかないかの
頻度で洗い流さないトリート
メントを付けていました。
 
そんな洗い過ぎが逆に頭皮に
ダメージを与え、乾燥しま
くった頭皮が皮脂を余計に
出し髪をベタつかせ臭いを
出していると知ったのは
大人になってからでした。
 
髪の汚れを落としてくれる
とはいえ、皮膚炎や抜け毛、
かゆみ、ふけなどの原因にも
なってしまうシャンプー。
 
特に化学物質に過敏な、
アレルギー体質の人や敏感肌の
人は、シャンプーを使わないと
いう場合もあります。
 
ただし、一時的にシャンプー
を使用しなくても、やっぱり
不都合が出てきて使用を余儀
なくされる場合が多いようです。
 
シャンプーには、刺激になる
成分だけではなく、皮脂の
分泌をコントロールして
健やかな頭皮に導いたり、
艶を出して見た目を美しく
してくれる効果もあるのです。
 
それを使わなければ、確かに
特定の成分の刺激はありま
せんが、逆に脂っぽくなったり、
抜け毛になったり、艶の無い
ぱさぱさの髪になってしまう
こともあり得ます。
 
急にシャンプーをやめると
いうのも極端で良くないん
ですね。そんなときに
使えるのが、シャンプーでは
ないけれど、湯シャンの
不都合な部分を補ってくれる
「すっぴん地肌」という
クレンジングローションなんです。
 
洗髪のとき、少し髪が濡れた
状態で使用し、頭全体を
マッサージしてから洗い
流します。
 
こうすることで、湯シャンの
デメリットである洗髪後の
洗い残し、不快感などを
予防してくれるんですね♪
 
特に、お湯だけでは取り除け
ない毛穴の中の皮脂(雑菌の
餌になります)や髪の毛の
補修をする成分が含まれて
いる点がメリットです。

 

>>湯シャンプーのやり方、すっぴん地肌のクチコミと詳細

 
すっぴん地肌
 

アートミクロンプラビパウダー&スプレーセットの成分と使い方は

アートミクロンプラビパウダー&スプレーセットの成分と使い方は

 

白髪を簡単に染めながら、
ふんわりとした髪の
ボリュームを活かす
アートミクロンプラビ
パウダー&スプレーセット。

 

ヘアマスカラでは髪が
固まってしまったり
使いづらいという人に
ぴったりです。
詳しい使い方や、
成分の詳細はこちらから
ご確認ください↓

 
<アートミクロンの成分・使い方を確認>

 

>>アートミクロンプラビパウダー&スプレーの詳細について

 

 
アートミクロンプラビの
使い方は、気になる場所や
つむじにパフ(パウダー)を
軽くポンポンとのせるだけ。

 
仕上げにパウダーを
しっかり髪につけるために、
付属のスプレーをします。
水にも強いので雨の日や
汗をかいても安心ですし、
シャンプーでスッキリ
洗い流すことができて
とても便利です。
 

白髪は年齢とともに
どうしても出てきてしまう
ものですが、若い人でも
ストレスのせいで、
働きが悪くなることが
あります。
 

メラノサイトはストレスに
弱いという特徴があって、
メラノサイトが減少する
ことで白髪になるのです。

 
ショッキングなことが
あったら、急に白髪が
増えるのはこのせいですね。

 
ストレスを溜めこむことが
白髪の原因になっている
のです。若くして白髪が
できてしまった場合は
このストレスも原因の
一つだと疑いましょう。

 

白髪ができはじめの方、
白髪染めをしたいけれど
まだそれほど伸びていない
方にはスティックタイプの
白髪染めをオススメします。
 

アートミクロンプラビは
その場ですぐに白髪染めが
できるというメリットがあり、
塗るだけで良いので本当に
ラクチンです。
 

美容室や自室で時間を
かけて白髪染めをする
のではなく、ふと見つけて
しまった白髪にすぐ対処
したいときに使えるので
いいですよ。

 
白髪や分け目が気に
なったときに対処したい
場合はアートミクロン
プラビがぴったりです。

 

また、従来のスティック
タイプの白髪染めの
デメリットとしては、
塗るときに髪のボリューム
まで落ちてしまうことが
あげられます。

 

もともと、髪の毛が細く、
コシがなかったり地肌が
気になる時は特に目立って
しまいますね。

 

アートミクロンプラビ
(パウダー&スプレーセット)は、
簡単に白髪が染めつつも
ボリュームをつぶさないため
安心して使うことができると
思います。

 

>>アートミクロンプラビパウダー&スプレーの詳細について